ホーム > プレスベンチ通販価格比較

プレスベンチ通販価格比較

プレスベンチ(ベンチプレス台)とは、フラットベンチと違いバーベルを乗せるシャフトホルダーが付いているという特徴があるトレーニングベンチのことです。
バーベルセットと組み合わせることでBIG3種目の一つであり、大胸筋や三角筋、上腕三頭筋を鍛えることができる人気種目のベンチプレスを行うことができます。

メニュー
プレスベンチの選び方
プレスベンチのおすすめ
価格・仕様一覧
プレスベンチの使い方
関連器具

プレスベンチの選び方

プレスベンチの種類

プレスベンチには左右にあるシャフトホルダー同士の幅が狭いナロータイプのものと幅が広いワイドタイプのものがあります。

ナロータイプはバーベルの長さに関係なく使用できるという特徴があり、家庭用に向いています。一方でワイドタイプと比較するとプレートの付け替えの際にバランスを崩しやすいという問題があります。
ワイドタイプの中には、十分なグリップ幅があるバーベルシャフトが必要になる製品もありますので、事前に組み合わせるバーベルが使用可能かどうか確認しておく必要があります。

バーベルシャフトのサイズについては、バーベルシャフトページをご覧下さい。

折りたたみ収納が出来るフォールディングタイプのベンチやディップスバーが付属しており、ディッピングスタンドとして使用出来るタイプのベンチ、レッグエクステンションアタッチメント付属したベンチもあります。必要に応じて選ぶようにしてください。

安全対策を忘れずに

ベンチプレスは動作中につぶれてしまうと大変危険です。ベンチプレス中に死亡したり怪我をしたというニュースを見かけることもあります。
トレーニングジム等の周囲に人がいる環境であればバーを持ち上げられなくなっても助けてもらうこともできますが、自宅で一人で行う場合はそうはいきません。

万が一に備えてセーフティが付属したタイプのプレスベンチか補助スタントであるセーフティスタンドを必ず購入するようにしましょう。

インクラインベンチプレス

傾斜のあるインクラインタイプのベンチも存在しますが、ほとんど取り扱われていないのが現状です。
胸上部の筋肉を鍛えたい場合は、パワーラックとインクラインベンチを組み合わせるという方法をおすすめします。

パワーラックという選択肢も

設置スペースに余裕がある場合は、プレスベンチではなく扱える種目数が多いパワーラックとトレーニングベンチの組み合わせを選択する方法もあります。



プレスベンチのおすすめ

1位
マッスルビルダーベンチ
2位
スーパースポーツカンパニー プレスベンチK
3位
ファイティングロード トレーニングベンチ

※メーカー公式サイト又は楽天販売店商品ページへリンクしています。


価格・仕様一覧

メーカー商品名価格サイズ重量
ワイルドフィットトレーニングベンチ Y030 11,900W53×D132×H10122kg
ファイティングロードトレーニングベンチ12,100W52×D126×H100
スーパースポーツカンパニープレスベンチK13,530W52×D110×H100(46)18kg
ピュアライズプレスベンチ13,800W53×D126×H78~98
マーシャルワールドトレーニングベンチDX B1DX14,300W57×D125×H9317kg
ワイルドフィットフォールディングベンチ16,000W63×D126×H84~10427kg
ファイティングロードハードベンチ16,500W62×D126×H85~10525kg
ボディメーカーハイパーベンチNEO217,589W55×D112×H86~10621kg
スーパースポーツカンパニーハイパーフォールディングベンチ16,500W53×D120×H76~91(45)23kg
ファイティングロードプレスベンチ-TRUST23,100W115×D140×H11035kg
モリヤウェイトベンチ24,200W54×D115×H70~11020kg
DANNOニュースタンダードベンチ D53229,920W128×D50×H4511kg
Bodysolidホームベンチ530,800D120×W46×H84~13423kg
THINKフィットネス?マッスルビルダーベンチ ナロータイプ41,800W118×D85×H10942kg
モリヤ安全第一ベンチ43,200W118×D121×H115
マーシャルワールドプレスベンチPRO DF2447,300W127×D149×H11458kg
ATLASFB-2100 スパインプレスベンチ48,400D135×W45×H4035kg
DANNOコンパクトベンチ D53349,280W155×D52×H5328kg
モリヤワイドセーフティベンチ WSB-54059,400W126×D148×H76~11457kg
DANNOパワーベンチ W500 D53659,840W132×D50×H4033kg
THINKフィットネス?マッスルビルダーベンチ ワイドタイプ60,500W118×D122×H10947kg
DANNOパワーベンチ W1160 D53761,600W132×D114×H4036kg
ATLASオリンピックベンチ73,500~W123×D115×H158
YYベンチプレス YY-0281,400D137.5×W65.5×H68~9835kg
インパルスフラットベンチ SIF-OFB85,100W131×D152.5×H126.560.5kg
YYワイド型ベンチプレス YY-0388,000D137.5×W130×H68~98
DANNOパワーベンチHDX D539105,600W132×D114×H4050kg
Bodysolidフラットオリンピックベンチ SFB-349G132,000D173×W126×H12351kg
TUFF STUFFオリンピックベンチ COB-400151,800W130×D124×H13059kg
ボディメーカーベンチプレスSP(児玉スペシャル)198,000W131×D156×H12470kg


販売終了・取扱不明

メーカー商品名価格サイズ重量
ボディメーカープレスベンチ TM03410,789W54×D110×H96.516kg
ボディメーカープレスベンチホールドXX12,000W52×D110×H9716.4kg
ボディメーカープレスベンチRV18,000W80×D139×H11026kg
ボディメーカープレスベンチEX-V18,900W115×D140×H110
モリヤニューパワーベンチ19,400W54×D113×H11521.4kg
ボディメーカープレスベンチEX-V224,800W115×D128×H10533kg
マーシャルワールドフォールディングベンチ19,950W63×D126×H85~10025kg
マーシャルワールドプレスベンチ DF1834,560W63×D151×H10831kg
イサミHGオリンピックプレスベンチ35,700
ボディメーカープレスベンチSP250,400W131×D134×H10962kg
TUFF STUFFオリンピックベンチ TOB-31174,520W124×D124×H10743kg
ワイルドフィットSG6015 フラットベンチ78,000W126.8×D174×H121.567kg
TUFF STUFFオリンピックベンチ ROB-31184,240W130×D122×H12265kg
ボディメーカープレスベンチEX児玉スペシャル138,240W127×D150×H12460kg


プレスベンチの使い方

ベンチプレスのやり方は、まずシートにへ仰向けになって寝そべり、両足を床に付けます。
そしてシャフトホルダーにセットされたバーベルを持ち上げ、胸の上部に移動し、下げてはは押し上げるという動作を行います。

グリップの幅を狭くすることで上腕三頭筋の関与を高めることができます。



関連器具






 


ページトップに戻る