ホーム > セーフティースタンド通販価格比較

セーフティースタンド通販価格比較

セーフティスタンドとは、ベンチプレスやスクワット等のバーベルトレーニング時のアクシデントから身を守るために使用する2本で1組の補助スタンドのことです。

セーフティの無い状態で一人でベンチプレスを行う場合は危険が伴います。
ジムでベンチプレスを行う場合は周囲に人がいれば万が一潰れてしまっても助けを求めることができますが、自宅で行う場合はそうはいきません。最悪の場合、死に至ることもあります。
セーフティスタンドを左右両側に置いて補助として使用することで、危険を減らし、万が一の際に備えることが出来ます。

セーフティバーの付属していないベンチ台を購入する場合は、必ずセーフティスタンドをセットで購入するようにしましょう。

また、安全のための補助器具としてだけではなく、ディップススタンドのように胸を鍛えることができるディップスや背中を鍛えることができるインバーテッドロウ(斜め懸垂)を行えるものもあります。(1本で支えるタイプは負荷に対して弱いため、やめておいた方が無難です)
ディップスの際にバーが細く握ることが難しい場合は、タオル等を巻いて使うという方法があります。

金属製のパイプ等を組み合わせてセーフティスタンドを自作する方法もありますが、場合によっては100㎏を超える負荷がかかることになるものです。命に関わるものでもあり、安いスタンドやパワーラックも販売されているので、やめておいた方が良いでしょう。

メニュー
セーフティースタンドの選び方
セーフティスタンドのおすすめ
価格・仕様一覧
セーフティースタンドの使い方
関連器具

セーフティースタンドの選び方

セーフティスタンドには、1本の支柱で支えるタイプとファイティングロードのTRUSTのように2本の支柱で支えるタイプが存在します。
構造的には2本の支柱で支えるタイプの方が強度が高くなります。

セーフティ部分が長いタイプの方がその分安全な部分が増えるので、十分な長さがあるものを選ぶようにしましょう。

より安全にベンチプレスを行いたい場合は、全面がフレームで覆われているパワーラックや可動域が限定されているスミスマシンを使用する方法があります。

セーフティスタンドのおすすめ

1位
ファイティングロード セーフティガード −TRUST
2位
ワイルドフィット Newセーフティースタンド
3位
マッスルビルダーDX セーフティスタンド

※メーカー公式サイト又は楽天販売店商品ページへリンクしています。


価格・仕様一覧

メーカー商品名価格サイズ重量
ファイティングロード ベンチセーフティ 8,250W45×D51×H60~8212kg
ワイルドフィット セーフティースタンド Y027 8,300W52×D58×H61~8516kg
ボディメーカー ベンチセイフティスタンド2 10,989W42×D71×H56~7113.5kg
マーシャルワールド セイフティースタンド C2 11,000W46×H54~69×D5211kg
スーパースポーツカンパニー セイフティーラックワイドタイプ 15,620W53×D57×H56~8810kg×2
ファイティングロード セーフティガード-TRUST 16,500W42×D50×H9230kg
ワイルドフィット Newセーフティスタンド 17,600W52×D50×H9326kg
Bodysolid セーフティスタンド 28,600W40×D58×56~H8620kg
DANNO セーフティガードDX D514 28,600W60×D50×H63~77
ATLASFW-1000 セイフティースタンド33,000D40×W40×H57.5~75.515kg
ATLASFW-1200 セイフティースタンドプロ60,500D45×W45×59~7730kg


販売終了・取扱不明

メーカー商品名価格サイズ重量
モリヤニューセーフティガード nsg-16817,640D42×W50×H91.528.5kg
THINKフィットネス?マッスルビルダーDX セーフティスタンド(ペア) TLS1SP32,400W45×D50×H9416kg


セーフティースタンドの使い方

ベンチプレス台やスクワット台にセーフティが付属していない場合にセーフティの代用品として左右に設置して使用します。
高すぎると動作の邪魔になり、低すぎるとセーフティの役割を果たせません。設置についても適切な場所に置く必要があります。
トレーニングに入る前に忘れずに適切な高さや位置に調整しておきましょう。



関連器具






 


ページトップに戻る