ホーム > ダンベルラック通販価格比較

ダンベルラック通販価格比較

ダンベルラックとは、クロームダンベルや六角ダンベルといった重量固定式のダンベルを置いておくための収納専用器具のことです。

ダンベルラックを利用することでかさばりがちなダンベルを置くスペースが少なくて済むので、限られたスペースを有効活用することができます。ダンベルの整理にも便利です。

また、高さのあるラックから出し入れするため、重いダンベルを床に置いたり持ち上げたりする動作を省略できます。身体への負担が減り、より快適にトレーニングに励むことが可能になります。

トレーニングジム等によく設置されている一般的な横型に並べるタイプ以外にも垂直方向にツリー状に並べる縦型のタイプも販売されています。縦型は省スペース設計であり、コンパクトに収納することができます。

メニュー
ダンベルラックの選び方
ダンベルラックのおすすめ
価格・仕様一覧
ダンベルラックの使い方
関連器具

ダンベルラックの選び方

2段式や3段式、縦型ラックなどが存在します。スペースや所有するダンベルのペア数を考慮して選ぶようにして下さい。

また、ダンベルを含めるとかなりの重量になります。
高重量になる場合は設置する床の強度に注意して下さい。必要に応じて床対策を行っておきましょう。
対応しているダンベルの種類についても十分確認しておきましょう。

他にもシャフト類やプレート類の収容器具であるシャフトラックやプレートラック、ケトルベル用のケトルベルラックが存在します。

ダンベルラックは比較的単純な構造であるため、木製の板や金属製の単管パイプなどを使ってDIYで自作する方法もあります。
ただし、耐荷重量を必要とする器具であり、最近は値段の安いラックも販売されているため、余程の事情が無い限り、既製品のダンベルラックを購入しておくことをおすすめします。

ダンベルラックのおすすめ

1位
Bodysolid タテ型ダンベルラック GVDR44
2位
スーパースポーツカンパニー ジムダンベルラック
3位
Bodysolid ヨコ型ダンベルラック(3段)GDR60T

※メーカー公式サイト又は楽天販売店商品ページへリンクしています。


価格・仕様一覧

メーカー商品名価格サイズ重量
Bodysolid タテ型ダンベルラック GVDR44 26,400W68.5×D43×H11215kg
スーパースポーツカンパニージム用ダンベルラック34,650W119×D56×H81.526kg
インパルス ダンベルラック3 SIF-DB3 35,700D107.9×W47.3×H67.729kg
インパルス ダンベルラック4 SIF-DB4 42,500D137.2×W47.3×H86.935.3kg
ボディメーカーダンベルラック X TM15443,989W93×D53×H13121.5kg
ボディメーカークロ―ムダンベルラックSP TM12843,989W128xD54xH8041kg
ボディメーカージム用ダンベルラックSP TM12943,989W120×D54×H8044kg
ATLAS セットダンベルラック 47,250~
POWERTECダンベルラック WB-DR1051,700W127×D60×H82
Bodysolid ヨコ型ダンベルラック GDR60 60,500W153×D60×H8555kg
DANNO ハンドバーベルラック D597 88,000W170×D47×H7435kg
TUFFSTUFF CDR-300 2ティアトレー 104,500W142×D53×H10254kg
インパルス ダンベルラック SIT7012 155,400D165.7×W165.8×H137.382kg
IVANKO CDダンベル用ラック CDRP-10 242,000D122×W56×H10277kg
ウエサカダンベルラック245,000~
IVANKO 重量固定式ダンベルラック SDRP-10 302,500D231×W76×H8390kg
IVANKO CDダンベル用ラック CDRP-15 308,000D195×W56×H102100kg


販売終了・取扱不明

メーカー商品名価格サイズ重量
ボディメーカージム用ダンベルラックEXーV32,290W120×D54×H8044kg
ボディメーカークロームダンベルラックEX-V232,290W150×D54×H8041kg
EVERNEWワイドダンベルラック ETB74647,460D58×W157×H8144kg


ダンベルラックの使い方

ダンベルの収納に使います。
持ち上げたり、置いたりする動作が容易になるため、素早く重量の異なるダンベルに変更し、次のセットに進むことができます。



関連器具






 


ページトップに戻る